貸店舗の利用法

パソコン

貸店舗という言葉は割と最近になってできた言葉です。戦後からしばらく経過し、高度成長期の頃には、内需も盛んになり街も活気づいており商店街も多くの人が往来していました。その頃の店舗は大規模なものは珍しく、魚屋や肉屋、八百屋、団子屋、婦人服、帽子屋などの専門店が軒を連ねていました。 この頃の店舗は貸店舗というよりも自宅の1階を店舗用にして、2階を住処とする形態のものが多かったのです。 それからしばらくして、土地の価格も最高潮に上がり始めると、土地を買って建物を建てるよりもテナントを借りる方が安く上がるため、貸店舗が増えていきました。 最近では、貸店舗もエコロジーが浸透してきて、居抜きという店舗経営が行われています。

ではいざ貸店舗を借りたい場合、それを扱う人はどのような人達でしょうか。まず、一番安く借りるにはその売主を見つけることです。売主を見つけることで仲介業者を挟まないため、仲介手数料を支払う必要がなくなるのです。ただ、建物の上に住人が住んでいれば別ですが、売主を探すのはなかなか難儀なのです。そもそも誰が売主かは建物を見ても外見からはわかりません。 もう一つは不動産会社を通して建物を借りるというポピュラーな方法です。これにより、不動産会社に仲介手数料を払わなければなりませんが、その分探す手間も省けますし、手続きなどもすべて不動産会社に任せることになるので、時あkン的にも労力的にも無駄なく契約が結べるのです。