書類

個人でも依頼できる

大阪の税理士事務所では、企業ばかりでなく個人による依頼も受け付けています。個人の依頼では確定申告や相続などが多く、複雑な手続きや知識についてアドバイスを行ったり案件によっては代行もしてくれます。依頼をすることで個人のリスクを軽減してくれるため、税のプロにお任せしたほうがいい場合も少なくありません。

困る人

法人顧問になることがある

新宿には会社がたくさんあるため、法人顧問をしている税理士もたくさん居ます。しかし、個人からの税金に関する相談も請け負っているので、個人的に相談することも可能です。無料相談会を活用してみましょう。また、評判が良く、実績のある税理士事務所が多くなっています。

計算する人

経営の相談ができる

会社経営や店舗経営をしている人にとって欠かせない人は税理士です。売上金管理や節税対策など、お金に関する様々なアドバイスをしてくれるからです。また、個人でも依頼できるので、確定申告時など、信頼できる税理士を見つけておきましょう。

コンテンツ一覧

男女

慎重な対処で問題解決

不倫による慰謝料請求をする立場や、される立場になった場合には、弁護士に相談しながら事を進めることが大切です。客観的な証拠の有無が慰謝料請求の決め手になるため、弁護士事務所を訪れる前に不倫の証拠を集めておくと、相談がスムーズです。

男の人

各事務所の特徴

港区にある税理士事務所は大きく分けると3種類になります。最も利用しやすいのが個人事務所で、息の長い家族経営事務所か独立して日の浅い新規開業事務所のいずれかを選べます。この他総合事務所は他士業も在籍している事務所になるため、豊富なサービスを受けることが可能です。

顧問契約を結ぶ利点

ウーマン

設立と経営の強力な味方

港区の税理士の多くが、会社設立や経営のサポートを行っています。港区の税理士と顧問契約を結べば、会社設立の際に重要となる資金繰りについての対策だけでなく、補助金や助成金の活用法もアドバイスしてもらえます。さらに会社設立に関する諸々の手続きから経理体制などの会社の体制基盤までのアドバイスも受けることが可能です。具体的には、融資を受けるために決算書や税務申告書を銀行に提出する際、港区の税理士が作成した書類の方が信頼性が高いため、審査に通りやすいというメリットを享受できます。これは、税理士が税金のエキスパートであると世に認められているからです。それに加えて、港区の税理士は税金が優遇される制度を熟知しているので、会社に適用できるものがあれば漏らさずに助言してもらえます。また、適用できる制度が複数あった場合は、会社にとって最も有利なものを選択してくれます。経営者や経理の人間が諸々の制度を熟知しているようであれば心配はいりませんが、会計や税金に精通している人材が自社にいることは稀であることが多いです。そして、会社が大きくなるにつれて節税対策が必要になる可能性があります。この場合も港区の税理士と契約していれば、節税対策の方法や経理処理の方法などの助言を受けることができます。税務調査の際にも税理士に立ち会ってもらって対応を任せることで、滞りなく調査を終えることが可能です。このように税理士は様々な場面で税金に関するサポートができるため、会社にとって心強い存在となってくれるでしょう。